Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市

山口県下関市は、市営住宅入居者の個人情報や口座番号が記載された書類を、誤って廃棄していたことを明らかにした。

同市によれば、市営住宅の家賃が領収済みであることを通知する「市営住宅家賃等領収済通知書」の控え1808件を誤って廃棄したもの。3月10日12時ごろ判明した。

誤廃棄した書類には、入居者の氏名や住所、家賃額のほか、口座振替の場合は口座番号も記載されていた。処分場ですでに焼却されている可能性が高いという。個人情報の外部流出は、確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市
自治会で市貸与の住民名簿が所在不明に - 福岡市
顧客情報含む書類を移送中に誤廃棄 - みちのく銀
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市