Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市

山口県下関市は、市営住宅入居者の個人情報や口座番号が記載された書類を、誤って廃棄していたことを明らかにした。

同市によれば、市営住宅の家賃が領収済みであることを通知する「市営住宅家賃等領収済通知書」の控え1808件を誤って廃棄したもの。3月10日12時ごろ判明した。

誤廃棄した書類には、入居者の氏名や住所、家賃額のほか、口座振替の場合は口座番号も記載されていた。処分場ですでに焼却されている可能性が高いという。個人情報の外部流出は、確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部カルテが所在不明に、病棟建替時の移設作業で - 山口赤十字病院
就業支援奨励金の申請書類が所在不明 - 東京都
人権イベントの委託先が受付名簿を紛失 - 広島県
2店舗で睡眠預金の関連帳票を紛失 - 旭川信金
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
犬飼育者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 朝日町
交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市