Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得

英Sophosは、米Invinceaを買収したと発表した。マシンラーニングによる脅威検知技術を取得し、同社のエンドポイント製品に活用するという。

今回買収されたInvinceaでは、主力のエンドポイント製品「X by Invincea」において、ニューラルネットワークによるディープラーニング技術を活用。定義ファイルに依存せずにマルウェアや攻撃を検知、防御する技術を備えているという。

Sophosでは、ネットワークとエンドポイントのセキュリティが連携して脅威を防ぐ「Synchronized Security」戦略を展開しており、今後はInvinceaのマシンラーニング型マルウェア検出技術をエンドポイント製品に統合。セキュリティ管理プラットフォーム経由でInvinceaの技術が利用可能になるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究