Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示

デジタルアーツは、ファイル暗号化ソリューション「FinalCode」の新版を2月1日より提供開始する。

同製品は、ファイルを暗号化するとともに、閲覧者や閲覧権限をファイル単位で設定できるソリューション。リモートより権限の変更や消去など管理することができる。

新版となる「同5.2」では、スクリーンショットを撮影できるアプリケーションやデータのコピー、ペーストなどを行うアプリケーションの同時起動を防ぐ機能を搭載。またファイルを画面に表示した際、日時やデータ表示端末を識別するための情報を透かしとして表示する機能を追加した。

またクラウドストレージ「Box」との連携機能において、ファイルが暗号化された状態でファイルの内容を「Box」内で表示できる機能を搭載している。

(Security NEXT - 2017/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure