Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無償の脆弱性学習ツールが機能強化 - 脆弱性拡充や集団学習支援も

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトに関する脆弱性について学ぶことができる体験学習ツール「AppGoat」をバージョンアップした。

同ソフトウェアは、演習を通じてウェブサイトに関する脆弱性の発見方法や、対策方法などを学ぶことができる無償の学習ツール。

最新版となる「同3.0」では、学習できる脆弱性をこれまでの9種類から12種へ拡張。また悪用の可能性が高い脆弱性を優先的に学べるよう整理した。

さらに組織における集合学習を想定した新機能を追加。集団学習ではブラウザ経由で受講できる機能や、受講者の管理機能などを教育担当者向けの機能を用意している。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を