Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク制度とPIPA制度の相互承認プログラムが終了

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営するプライバシーマーク制度と、中国の大連ソフトウェア産業協会(DSIA)が運営する個人情報保護評価(PIPA)制度との相互承認プログラムが終了した。

20161011_ji_001.jpg
無効となった相互承認マークの例(画像:JIPDEC)

相互承認プログラムは、個人情報の取り扱いについて同一の審査水準で審査し、適合性が確認されるとして2008年6月19日にスタートしたもの。今回、大連ソフトウェア産業協会からの申し入れを受け、9月30日をもって相互承認プログラムが終了した。

今回の終了にともない、10月1日以降は相互承認マークが使用できなくなる。使用停止となったマークは、「protecting your PRIVACY」と英語表記され、登録番号が「CN:DL」で始まるプライバシーマーク。10月以降にパンフレットや名刺で使用されている場合も無効であり、注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2016/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定