Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化

デジタルアーツは、認証機能などを強化したファイル暗号化ソリューション「FinalCode」の新版を提供開始した。

同ソリューションは、ファイル暗号化と、暗号化後の権限設定を実現するもの。閲覧できるユーザーの制限が行えるほか、ファイル配布後にリモートで権限の変更やファイル削除が行える。

最新版となる「同5.11」では、「Active Directory」との連携機能を強化。「Active Directory」のアカウントをFinalCodeの認証に利用できるほか、設定を同製品へ反映でき、アクセス権限の変更などもActive Directoryの設定から行うことができる。

またSaaS版では、異なるドメイン間でユーザー認証を行う「SAML認証」に対応。「Active Directory」と連携して、「SAML 2.0」に準拠した複数のクラウドサービスにおいてシングルサインオンが可能。

オンプレミス版では、「統合Windows認証」への対応。「Hyper-V」に対応した「FinalCode Server」を提供するほか、対応データベースを拡充している。

(Security NEXT - 2016/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure