Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、「WideAngle」のインシデント対応メニューを拡充

NTTコミュニケーションズは、インシデント対応を支援するあらたなサービスを10月3日より提供開始する。

同社のセキュリティサービス「WideAngle」におけるメニューを拡充したもの。「インシデント対応駆付け保証」と「標的型マルウェア感染端末調査」を新メニューとして追加した。

「インシデント対応駆付け保証」では、依頼を受けてから指定地域については24時間以内、それ以外の地域も翌日中に訪問し、マルウェア感染が疑われる端末のログやネットワークログを分析。感染の有無を即日で判定するサービス。

従来より提供している「インシデント対応初動パック」のオプションとして提供するもので、同パックへの契約が必要。料金は1回あたり108万円。

一方、「標的型マルウェア感染端末調査」では、顧客の管理下にあるすべてのWindows端末において、標的型攻撃によるマルウェア感染の有無を調査する。価格は、調査対象端末500台の場合、1回108万円。

(Security NEXT - 2016/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
インシデント初動対応の準備を支援するサービス - BBSec
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA