Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りCD-ROMの誤送付を公表 - イオン銀

イオン銀行は、顧客情報を記録したCD-ROMを本来の送付先とは異なる取引先企業へ誤って送付したことを公表した。

住宅ローン団体信用生命保険の加入に関する顧客情報が記録されたCD-ROMを、本来の送付先ではない別の取引先企業へ誤って送付したもの。CD-ROMを受け取った企業で、通常同行から送付されるデータと異なることに気付き、連絡したことから問題が判明した。

同行では誤送付したCD-ROMを回収。データが削除されたことを確認した。また誤送付先となった取引先企業と同行間には、秘密保持義務があるとしている。

(Security NEXT - 2016/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀