Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家族向け写真共有サービスに他家族の情報が閲覧できる不具合 - サービスを終了へ

20160711_bl_001.jpg

家族で写真や動画を共有できるサービス「リコネ」において、関係ない別の家族に関する写真、動画をはじめとする個人情報を閲覧できる不具合が、一部利用者で発生していたことがわかった。今回の問題を受け、同社はサービスを終了するという。

同サービスは、家族に限定して写真や動画を共有できるアルバムアプリサービス。BookLiveが4月20日よりサービスを提供しているが、7月1日に利用者からGoogle Play上で指摘があり、不具合が明らかになったという。

同社が調査を実施したところ、Android端末を利用している一部利用者において、別の家族の個人情報が閲覧できる不具合が発生していることが判明。Android端末と家族情報を紐付けるデータの一部に重複が発生したことが原因で、最大で38家族の情報が、他利用者より閲覧できる状態だった。

写真や動画にくわえ、登録している場合は、ニックネーム、生年月日、続柄、メールアドレスなどの家族一覧、子どもの氏名、生年月日、性別などが含まれる。

同社では、個人情報が流出した可能性のある利用者には、1000円分のクオカードを送付する。また同社は、同アプリのAndroid版とiOS版について機能を順次停止し、8月8日に「リコネ」を終了する予定。アップロードされている画像や動画は、サービスの終了にともない、ダウンロードできなくなるという。

(Security NEXT - 2016/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Twitterにイベント応募者の個人情報含む写真を投稿 - 大阪市立科学館
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
保育園で園児の画像を含むデジタルカメラを紛失 - 鎌倉市
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」