Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

添付ファイル付きメールを自動暗号化するセキュリティソリューション - HDE

HDEは、添付ファイル付きメールをゲートウェイで自動的に暗号化するセキュリティソリューションの最新版「HDE Secure Mail 2.5 for ZIP」を、11月30日より発売する。

同製品は、添付ファイル付きメールをゲートウェイでパスワード付きZIPファイルに自動変換することで、メールからの情報漏洩を防止するセキュリティソリューション。サーバ側で一括して暗号化するため、すべての添付ファイル付きメールを漏れなく暗号化することができる。また、復号パスワードを固定にするかメールごとに生成するか選択が可能。

最新版では、ZIPファイルを送れない場合に拡張子を変更して送信する機能が追加されたほか、暗号化されたメールとパスワード通知メールの同一スレッド化機能も追加された。また、受信したメールを時間順に並べ替えた際に、パスワード通知メールが暗号化メールより先に表示されないよう、タイムスタンプを付ける機能も加わった。

(Security NEXT - 2007/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII