Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、クラウド占有環境による仮想デスクトップサービス

ニフティは、仮想デスクトップをクラウドの占有環境で提供する「ニフティクラウド デスクトップ(専有型)」を提供開始した。

同サービスは、VMwareの「VMware Horizon DaaS」を活用した仮想デスクトップサービスを、「ニフティクラウド」上の占有環境で提供するもの。同様のサービスを共有環境で提供するサービスについては、2016年内の提供を予定している。

ストレージ基盤にフラッシュ型ストレージを採用しており、標準サービスとして、自動フェイルオーバー機能、マルウェア感染時の自動隔離機能を搭載。マルウェア感染の検知時に、対象のデスクトップのネットワークを自動で遮断する。

価格は、仮想1CPUとメモリ4Gバイトの仮想デスクトップ環境が月額5940円から。最小構成はデスクトップ200台で、最低利用期間は3カ月。初期構築費用が別途必要。申し込みから利用開始まで約2カ月の占有環境構築期間が必要としている。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ