Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、端末やDCにおけるデータ抹消の信頼性確保目指して研究会

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、データ抹消の信頼性を高めることを目的とした「データ消去証明推進研究会」を設置した。

同研究会では、PCやスマートデバイスにおけるデータの消去と、それを証明するしくみづくりを目指すもので、技術研究のほか、電子証明書による署名の業界標準のガイドラインの策定、事業化などを目指す。

ハードウェアやソフトウェアベンダー、認証局、サービス事業者が参加。関連事業の参入障壁となる規制に対し、 改正の提言なども行っていくとしている。

廃棄やリユース対象のクライアント端末のほか、データセンターにおける解約、ストレージ機器リプレイス時におけるバックアップを含むデータ消去の署名についても、対象とするという。

(Security NEXT - 2016/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
不正アクセス受けたNTTぷららの個人情報、流出の痕跡は見つからず
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
ファッション情報サイトに不正アクセス - 登録会員情報が流出か
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
公共施設利用者の個人情報が流出、検索サイトに表示 - 弘前市
いじめ実態調査の回答を教諭が改ざん、懲戒免職に - 仙台市