Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査

消費者庁は、個人情報を販売している「名簿販売事業者」の実態調査を行い、その結果を取りまとめた。あらたなデータが市場へ持ち込まれることは減っているものの、回答した企業の多くは6000万件から1億件強のデータベースを保有していた。

同調査では、名簿の取得や閲覧、コピーサービスのほか、個人情報のデータベース化、リスト化、ダイレクトメール発送、テレマーケティング代行などの事業を展開する事業者を「名簿販売事業者」とし、事業内容や規模から15社を調査対象として選定。そのうち協力が得られた都内の8社に2015年8月から9月にかけてヒアリング調査を行い、その結果を取りまとめた。

取り扱う個人情報は、おもに同窓会名簿や各種団体の会員名簿、人名録など冊子による名簿と、データベース化されたデジタルデータの2種類。データベース化された個人情報については、調査対象の事業者すべてが取り扱っており、6000万件から1億件強を保有している事業者が中心。なかには3億件を扱っている業者もあった。

20160328_ca_001.jpg
名簿販売事業者が取り扱う個人情報の流通形態(図:消費者庁)

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日野市立図書館、一部機器でランサム感染 - 通常どおり開館
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
DV被害者情報が加害者に流出、一時的な制限解除がそのままに - 薩摩川内市
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大高等部
個人情報含む一時保育登録者名簿が所在不明に - 目黒区
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市