Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査

消費者庁は、個人情報を販売している「名簿販売事業者」の実態調査を行い、その結果を取りまとめた。あらたなデータが市場へ持ち込まれることは減っているものの、回答した企業の多くは6000万件から1億件強のデータベースを保有していた。

同調査では、名簿の取得や閲覧、コピーサービスのほか、個人情報のデータベース化、リスト化、ダイレクトメール発送、テレマーケティング代行などの事業を展開する事業者を「名簿販売事業者」とし、事業内容や規模から15社を調査対象として選定。そのうち協力が得られた都内の8社に2015年8月から9月にかけてヒアリング調査を行い、その結果を取りまとめた。

取り扱う個人情報は、おもに同窓会名簿や各種団体の会員名簿、人名録など冊子による名簿と、データベース化されたデジタルデータの2種類。データベース化された個人情報については、調査対象の事業者すべてが取り扱っており、6000万件から1億件強を保有している事業者が中心。なかには3億件を扱っている業者もあった。

20160328_ca_001.jpg
名簿販売事業者が取り扱う個人情報の流通形態(図:消費者庁)

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
聖火リレーボランティアの個人情報を配送ミス - 台東区
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市