Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定 - 経済産業省

経済産業省は、パブリックコメントを経て、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定、公表した。

企業経営においてIT活用の重要性が増す一方、サイバー攻撃が企業経営へ与えるインパクトも大きくなっているとして、同省では情報処理推進機構(IPA)と「サイバーセキュリティリスクと企業経営研究会」を開催。企業をサイバー攻撃から守る原則や重要項目をガイドラインとしてまとめたもの。パブリックコメントを経て策定した。

情報システムの専門部署を持ち、ITを活用する企業の経営者を対象としており、経営者が認識すべき「3原則」や、セキュリティを担当する幹部へ指示すべきポイントを「重要10項目」としてまとめた。

(Security NEXT - 2015/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
「情報セキュリティ対策支援サイト」を刷新 - IPA
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%