Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動交付機に不具合、住民票出力時に個人番号印字されず - 船橋市

千葉県船橋市の証明書自動交付機において、記載を希望したにも関わらず、住民票へマイナンバーが印字されずに空白となる不具合が発生したことがわかった。

10月5日以降に印鑑登録に関する届け出を行い、証明書自動交付機で住民票を発行した際、個人番号の記載を希望した場合も空白となり、印字されない不具合が発生したもの。10月13日20時ごろシステムベンダーより報告があり、不具合が生じていることが判明した。

原因は、住民基本台帳システムにおける印鑑登録システムと証明書の自動交付機システムにおけるデータ連携のミス。連携データにおいて、個人番号の項目が空白に設定されていたという。

今回の不具合により、14日の時点で32人、46枚の住民票が空白で発行された。また交付機のシステム内では774世帯1767人の個人番号欄が空白になっていたという。

不具合が解消されるまで、個人番号を記載した住民票の交付は窓口で対応する。また希望とは異なる住民票を交付した対象者には、個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2015/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
ファイルを取り違え、町民の個人情報を誤って公開 - 綾町
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院