Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICTら、ドローンの制御通信を暗号化する技術など開発

情報通信研究機構(NICT)は、ドローンの安全な飛行制御通信を実現する技術を開発し、実証実験に成功したと発表した。

同技術は、暗号通信により制御通信の乗っ取りや情報漏洩を防ぐもので、同機構とプロドローンおよびサンエストレーディングと共同で開発した。

真性乱数を共通の暗号鍵としてドローンと地上局間で共有し、制御通信をパケットごとに異なる真性乱数を用いて暗号化する「ワンタイムパケット暗号化」を実装。

またドローンの制御範囲を拡大するため、地上局間で制御の引き継ぎに対応。複数の暗号鍵をドローンに搭載し、対となる暗号鍵を複数の地上局に配送することで、広域での安全な飛行誘導を実現している。

地上での暗号鍵の配送法には、信頼できる宅配サービスなどを利用した人手による配送(第一世代)と、量子配送ネットワークによる自動配送(第二世代)があり、今回いずれも実証実験に成功した。

今後、第一世代の配送システムを2年以内に商品化する予定。

(Security NEXT - 2015/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ