Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICTら、ドローンの制御通信を暗号化する技術など開発

情報通信研究機構(NICT)は、ドローンの安全な飛行制御通信を実現する技術を開発し、実証実験に成功したと発表した。

同技術は、暗号通信により制御通信の乗っ取りや情報漏洩を防ぐもので、同機構とプロドローンおよびサンエストレーディングと共同で開発した。

真性乱数を共通の暗号鍵としてドローンと地上局間で共有し、制御通信をパケットごとに異なる真性乱数を用いて暗号化する「ワンタイムパケット暗号化」を実装。

またドローンの制御範囲を拡大するため、地上局間で制御の引き継ぎに対応。複数の暗号鍵をドローンに搭載し、対となる暗号鍵を複数の地上局に配送することで、広域での安全な飛行誘導を実現している。

地上での暗号鍵の配送法には、信頼できる宅配サービスなどを利用した人手による配送(第一世代)と、量子配送ネットワークによる自動配送(第二世代)があり、今回いずれも実証実験に成功した。

今後、第一世代の配送システムを2年以内に商品化する予定。

(Security NEXT - 2015/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入