Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通マーケ、マイナンバー管理用PCを発売

富士通マーケティングは、生体認証やセキュリティ機能、人事給与システムへの自動ログオンなどを標準搭載した業務用パソコンを10月1日より発売する。

「FUJITSU インフラ構築サービス AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」は、セキュリティ機能や人事給与システムとの連携機能を標準搭載した企業向けPC。マイナンバー対応ソリューションとして提供する。

OSや主要人事給与システムへ静脈認証によるログインが可能。マルウェア対策やUSBや周辺機器の制限、URLフィルタリング、ハードディスクの暗号化、ログ管理などのセキュリティ機能をあらかじめ搭載している。またマルウェア感染のおそれがあるとして、メール機能を非搭載とした。

事前にセットアップして出荷するため、ユーザーによる設定作業は不要。価格は32万1840円。今後3年間に1万台の販売を目指して提供していく。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件