Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランスウエアのスパム対策製品が「DMARC」対応

トランスウエアは、「なりすましメール」対策を強化したスパム対策製品の最新版「Active! hunter 3.3.9」を提供開始した。

同製品は、ユーザーから寄せられたスパムメール情報をもとに検知するコラボレーション型フィルタ「CLOUDMARK」と、学習型フィルタ「SVM」を搭載したスパム対策製品。

最新版では「DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)」に対応。送信ドメイン認証である「SPF」と「DKIM」の認証結果による処理が可能となった。

(Security NEXT - 2015/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
なりすましメール対策、約6割が「SPF」設定、「DMARC」は1%