Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OKI、企業向けマネージドクラウドに「監査証跡サービス」

沖電気工業は、マネージドクラウド「EXaaSプラットフォームサービス」に、操作内容を保存する「監査証跡サービス」を追加した。

EXaaSプラットフォームサービスは、企業のIT基盤を提供するマネージドクラウドサービス。今回セキュリティ管理メニューを強化し、キー入力やGUIの画面操作などを記録し保存する監査証跡サービスを追加した。

金融庁などの各種監査対応やガイドライン、J-SOX法に対応できるほか、不正操作による内部からの情報漏洩を抑止する効果も期待できる。インシデント発生時の原因究明や証拠保全などフォレンジックに利用できる。

価格は個別見積もり。同社では、マネージドクラウド全体で2020年度末までに100億円の売り上げを目標として事業を展開していく。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた