Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診断サービスを拡充、新ブランド「SecureOWL」を展開 - KCCS

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は 、セキュリティ診断サービスを拡充した。あわせて新ブランド「SecureOWL」を立ち上げ、セキュリティ事業の拡大を目指す。

同社では、内部脅威などの診断サービスとして「セキュリティポリシー診断」「エンドポイント診断」をサービスメニューに追加。従来から展開しているネットワークやウェブアプリケーションの脆弱性診断サービスなどとあわせ、「情報漏えい耐性診断ソリューション」として展開していく。

また今回のサービス拡充にあわせ、フクロウをキャラクターとした新ブランド「SecureOWL」を立ち上げ、診断サービスをベースにインテグレーションサービスなど展開。セキュリティ事業の診断関連で初年度10億円の売上を目指して事業を展開していく。

(Security NEXT - 2015/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス