Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サンリオの株主情報流出か - 投資勧誘メール届く

サンリオの株主向けウェブサービスにおいて、株主の個人情報6249人分が外部へ流出した可能性があることがわかった。現在、漏洩した経緯などの調査を進めている。

20150408_sr_001.jpg
サンリオのウェブサイト

流出したと見られるのは、同社の株主向けウェブサービス「サンリオ株主ポイント倶楽部」に登録している株主6249人に関する個人情報。4月7日に、同サイトにしか登録していないメールアドレス宛てに投資の勧誘メールが届いたと株主から連絡があり、同サービスに登録している複数の株主にも同様のメールが届いていることが判明したという。

同サービスは、インベスター・ネットワークスが運営しており、氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなど、株主6249人分の情報が流出した可能性があるとして、調査を進めている。

同社では「サンリオ株主ポイント倶楽部」を停止し、対象となる株主に謝罪と注意喚起のメールを配信。調査結果については判明次第公表していく方針。

(Security NEXT - 2015/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「株主倶楽部」の個人情報漏洩、内部犯行の可能性
ロート製薬の「株主倶楽部」登録株主にも勧誘メールや電話
サンリオ以外の企業株主にも「投資勧誘メール」 - 「株主ポイント倶楽部」運営企業が調査中
就職説明会で学生情報を紛失 - クリーニング事業者
従業員が顧客情報を数回にわたり売却 - 丸八真綿
子どもや保護者の個人情報約760万件の漏洩を確認、最大2070万件 - ベネッセ