Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド時代の暗号技術を解説した資料を専門家が無償公開

暗号化技術を解説した「クラウドを支えるこれからの暗号技術」が公開された。githubよりダウンロードできる。

同資料は、おもに2000年以降に登場した暗号技術を中心に紹介するもので、サイボウズ・ラボの光成滋生氏が執筆した。入門書と専門書の中間の位置づけだという。

共通鍵暗号や公開鍵暗号、乱数、デジタル署名、PKIなど基本的な技術の解説にはじまり、2014年に話題を呼んだ「POODLE」や仮想通貨「Bitcoin」で利用されている楕円曲線暗号などにも言及している。

そのほか、「検索可能暗号」「準同型暗号」をはじめ、「プロキシ暗号」「放送型暗号」「IDベース暗号」「ゼロ知識証明」など、従来の暗号にないあらたな技術を紹介している。200ページほどのPDFファイルで、githubよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2015/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Firefox 94」が登場、脆弱性13件を修正
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ