Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、危険なURLへの接続を警告するアプリ

アンラボは、スマートフォンのSMSを利用したフィッシング攻撃を検知するセキュリティ対策アプリ「AhnLab Mobile S-Cube」を4月1日に発売する。

同アプリは、URLが記載されたメッセージを受信した際にURLの安全性をチェックし、危険なURLなどを警告するアプリ。SNSのメッセージやメモ帳などのアプリからウェブサイトへアクセスする場合にもチェックが可能。さらに提供元が不明であるアプリについてインストールを遮断する機能も備える。価格は3240円で、3年間利用できる。

2014年に同社が韓国で検知したAndroid向けのマルウェアは143万件。そのうち約1万件がSMSを活用したフィッシングアプリで、前年から約2倍に拡大した。日本においても同様の不正アプリが拡大するとの見方から同製品を開発したという。

(Security NEXT - 2015/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
「ドコモ口座」利用、携帯電話番号の登録必須に
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX