Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay

PayPayは、モバイル決済サービス「PayPay」のSMS認証に、入力画面が正規の画面であるか判別するための機能を追加した。

今回あらたに導入したSMS認証では、アルファベット2文字と数字4桁で構成される認証コードを使用。アルファベットは入力画面上であらかじめ表示し、SMSの認証コードに含まれるアルファベット文字列と同一であるか確認することで、正規の入力画面であるか確認する。

あわせて認証時に送信するSMSでは、同じアルファベットの文字列が入力画面上に表示されているか確認するよう促し、利用者が誤ってフィッシングサイトなどへSMS認証コードを入力することを防ぐ。同社では今回導入した認証機能について特許を出願しているという。

(Security NEXT - 2020/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市