Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay

PayPayは、モバイル決済サービス「PayPay」のSMS認証に、入力画面が正規の画面であるか判別するための機能を追加した。

今回あらたに導入したSMS認証では、アルファベット2文字と数字4桁で構成される認証コードを使用。アルファベットは入力画面上であらかじめ表示し、SMSの認証コードに含まれるアルファベット文字列と同一であるか確認することで、正規の入力画面であるか確認する。

あわせて認証時に送信するSMSでは、同じアルファベットの文字列が入力画面上に表示されているか確認するよう促し、利用者が誤ってフィッシングサイトなどへSMS認証コードを入力することを防ぐ。同社では今回導入した認証機能について特許を出願しているという。

(Security NEXT - 2020/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加