Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未成年と保護者を対象とした「春のあんしんネット・新学期一斉行動」

総務省は、未成年がスマートフォンやSNSを安全に利用するための取り組みを集中的に行う「春のあんしんネット・新学期一斉行動」を開始した。

同省では、卒業や進学、新入学を控えた時期である2月に、未成年や保護者のリテラシー向上に向けた啓発活動を集中的に行う取り組みを2014年から実施しており、2015年も同様の活動を展開する。

具体的には、関係省庁や事業者、団体と連携して、スマートフォンなどへのフィルタリング導入を推進する取り組みを実施。また、スマートフォンやSNSのリスクについて家庭で話し合い、正しく利用するためのルール作りの大切さを周知させる活動を行う。

また学校行事や地域での活動、事業者のサービス提供において、学生や保護者、教職員などを対象に、スマートフォンの安全な利用に関する啓発活動を推進。またこれら取り組みと関連した活動を、趣旨に賛同した13の関連団体と、29の関係事業者が実施する予定。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
PCとスマホ、網棚から鞄ごと盗まれる被害 - 日刊工業新聞
職員が患者カルテをインスタ投稿、個人情報が残存 - 仙台市立病院
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
学生の就活支援アプリ「OfferBox」に一時脆弱性 - すでに解消済み
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」にXSSの脆弱性
最新Androidセキュアコーディングガイドに英語版 - JSSEC