Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECとトレンド、SDNを活用したサイバー攻撃対策ソリューション

NECとトレンドマイクロは、SDN対応製品とセキュリティ製品の連携により、サイバー攻撃を自動的に防御するソリューションを共同で開発した。

同製品は、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」と、トレンドマイクロのセキュリティ製品「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」を連携させたソリューション。

具体的には、トレンドマイクロの両製品によりネットワーク上の振る舞いを監視。不正プログラムの感染やウェブサイトの改ざん、不正通信などを検知した場合、NECのSDNコントローラ「UNVIVERGE PF6800」がSDNネットワークを動的に制御し、感染した端末やサーバの遮断、隔離、検疫、監視などを実行する。

2015年3月よりNECが官公庁や地方公共団体、企業向けに展開する予定で、価格は850万円から。

(Security NEXT - 2014/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能