Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

双日ら3社、官公庁や企業向けセキュリティー事業に本格参入

双日、エヌシーアイ、日商エレクトロニクスの3社は、官公庁や企業を対象としたサイバーセキュリティ事業に本格参入する。

エヌシーアイでは、11月末にセキュリティオペレーションセンターを設置。日商エレと連携し、マネージドセキュリティサービス(MSS)を提供するほか、政府官公庁向けにサイバー攻撃対策サービスや、企業向けにプライベートSOCの構築と運用支援などを展開する。

また両社と双日が連携することにより、セキュリティシステムのコンサルティング、設計支援、システム構築、運用、分析などをワンストップで提供する体制を整備していく。

(Security NEXT - 2014/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供