Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス

日立システムズは、重要インフラや工場の制御システムのネットワーク向けに、セキュリティ対策サービス「SHIELD 制御システム向けセキュリティ」を提供開始する。

20141105_hs_001.jpg
サービス概要(図:日立システムズ)

同サービスは、利用期間が長く、セキュリティアップデートを適用しにくい制御システム向けのセキュリティソリューション。社会インフラを管理する事業者や自治体、製造業向けに展開する。

システムには影響を及ぼさない「おとり」となるサーバを設置し、標的型攻撃を検知する「デコイサーバー導入サービス」を用意。

そのほか、同社セキュリティオペレーションセンターによるリモート監視や、情報提供サービス、CSIRTの運用支援、システムの脆弱性診断サービスなど、制御システム向けのセキュリティサービスを提供する。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減