Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市水道局、個人情報5564件を紛失 - 事務処理マニュアルの不備で誤廃棄か

大阪市水道局は、8営業所において個人情報が記載された申請書5564件の紛失が判明したと発表した。事務処理マニュアルの不備により、処理が完了した申請書を誤って廃棄した可能性が高いという。

紛失したのは、共同住宅全体の水道料金を管理会社へ一括請求できる共同住宅料金制度の適用を申請した書類。1月17日、申請書の情報公開請求を受け、大宮営業所において申請書を確認したところ、紛失に気が付いた。

その後、全営業所で申請書の保管状況を点検。同営業所を含む8営業所において、調査対象2万8816件のうち、あわせて5564件の所在がわからない状態だという。

同申請書には、申請者と管理責任者の氏名、住所、電話番号、印影のほか、共同住宅の所在地、名称、総戸数、入居戸数、入居者の氏名、印影、部屋番号などが記載されていた。また、「建築物等確認済証」のコピーなど共同住宅であることを確認できる書類が添付されている。

同申請書は、各営業所でオンラインシステムに入力した後は年度別にファイリングして保管が義務付けられているが、事務処理マニュアルがなかったことから誤って不要書類として扱い、ファイルごと廃棄していた可能性が高いという。また、ほかの書類と混ざって廃棄されたケースもあるとしている。

同局では、紛失した情報の不正利用に関する報告はなく、水道料金への影響もないと説明している。

(Security NEXT - 2014/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
委託先が「水道使用量のお知らせ」を紛失 - 神奈川県
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
水道使用者の個人情報含む書類を紛失 - うるま市
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市