Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約550世帯分の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 仙台市

仙台市は、職員が業務で利用していた個人情報含むUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

6月6日にUSBメモリを使おうとしたところ、紛失していることへ気が付いたもの。6月3日に職員が業務でUSBメモリを使用しているが、席を離れる際にUSBメモリを所定の場所に保管しておらず、その後の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、約350世帯分の特別児童扶養手当受給者台帳および関係文書が保存されていた。受給者の氏名、住所、生年月日や対象児童の氏名、生年月日などの個人情報を含む。また約200世帯分の母子寡婦福祉資金滞納者リストも保存されており、借受人の氏名、住所、電話番号、生年月日、滞納額などが記載されていた。

同市では、関係者に対して文書による謝罪や電話による個別対応など進めている。

(Security NEXT - 2014/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
児童情報含む教諭の私物USBメモリが所在不明に - 北九州市小学校
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
小学校で通知表所見データ含むUSBメモリを紛失 - 仙台市
個人情報や学士入試問題草稿など含むUSBメモリを紛失 - 東大
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小