Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンビニATM向け無線通信サービスを展開 - 日本通信子会社

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、米国市場で提供する現金自動支払機(ATM)向け無線ネットワークサービスを日本市場で提供開始する。

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、日本通信の子会社。米国の現地法人であるContour Networksが、米国内において、セキュリティに配慮した無線ネットワークサービスとして事業を展開してきたが、PCI-DSSの認定を取得したことを機に、日本市場におけるサービスの展開を開始するもの。

同社では、コンビニやショッピングセンターなど、店舗ATMの設置に力を入れるインターネット専業銀行などを中心に、ネットワークコストの抑制や設置台数の増強などができるとして、同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数のエレコム製無線LANルータに脆弱性
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
Arubaの認証基盤「ClearPass Policy Manager」に深刻な脆弱性
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大