Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む行政文書を保存期限の1カ月前に誤廃棄 - 鳥取労働局

厚生労働省鳥取労働局は、米子労働基準監督署において、個人情報3258件含む6種類の行政文書ファイルを保存期間満了前に誤って廃棄していたと発表した。

同局の発表によれば、行政文書の情報開示請求を受け、3月14日に米子署で対応した際、行政文書の紛失が判明したもの。調査の結果、2月27日に保存期間が満了した文書の廃棄作業を行っており、その際に保存期限前の文書を誤って廃棄したことがわかったという。

誤廃棄されたのは、「平成15年度監督関係監察綴」「平成22年度申告処理台帳索引簿」「平成22年度相談記録票綴」「平成15年度立替払認定及び確認台帳」「平成22年度時間外休日労働協定届綴」「平成22年度1年単位の変形労働時間制に関する協定届」の6行政文書ファイル。法人情報のべ3259件、個人情報のべ3258件が記載されていた。

これらの文書は保存期限が2014年3月31日だったが、2月27日に廃棄する文書ファイルのリストに誤って記載されており、誤って1カ月早く廃棄していた。

同局では今回の誤廃棄を受け、廃棄文書リスト作成時のチェック体制を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2014/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも