Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査関与先企業の取引先情報など含むUSBメモリを紛失 - トーマツ

監査法人のトーマツは、監査関与先であるセントラル警備保障の取引先に関する情報が保存されたUSBメモリを紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、セントラル警備保障の監査執務室において、会計データを抽出するために使用していたUSBメモリで、同室内で紛失した可能性が高いという。USBメモリ内部には、セントラル警備保障の顧客企業の名称、または個人顧客の氏名、取引金額などが保存されていた。

判明したのは1月8日だが、メモリ内のデータ解析に時間を要したため、公表が遅れたという。情報の不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2014/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道