Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

活動家がThomson ReutersのTwitterアカウントを乗っ取り - ホワイトハウス職員にも攻撃か

Thomson Reutersの公式Twitterアカウントが、活動家により乗っ取られる被害が発生した。活動家は、ホワイトハウス職員のメールアカウントに対する不正アクセスも主張している。

複数の米国メディアが報じたもので、7月29日に「シリア電子軍」を名乗る活動家グループの乗っ取りが発生し、不正な投稿が行われたという。アカウントが乗っ取られた詳しい経緯などはわかっていない。

さらに同グループは、複数のホワイトハウス職員のメールアカウントなども乗っ取ったと主張。ソーシャルネットワーク上でメールのアカウント認証時に受け取ったメールを証拠として公開した。

これまでも同グループは、中東のアルジャジーラ、英BBCのアカウントの乗っ取りについて犯行を主張しているほか、CBSやフィナンシャル・タイムズなどへの攻撃も展開。

4月に発生したAP通信の公式Twitterアカウントの乗っ取りでは、「ホワイトハウスで爆発があり、オバマ大統領が負傷した」といった偽情報を投稿し、米国の株式市場で混乱が生じている。

(Security NEXT - 2013/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中