Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、クラウド保存データを自動暗号化できる製品にログ管理機能

NTTソフトウェアは、ログ管理機能を強化したクラウドセキュリティ製品「TrustBind/Secure Gateway」の最新版を、8月1日より提供開始する。

同製品は、プロキシを通じてクラウドサービスに保存するデータを自動的に暗号化できるソリューション。最新版では、ログ管理機能を強化した。

ユーザーがクラウドサービスを利用する際のログを保存し、監査に必要な利用履歴情報を提供する。記録されたログの閲覧、検索、解析、レポーティングには、インフォサイエンスの「Logstorage」を採用した。

またクラウドサービスで提供されるウェブサービスAPIに対応。業務アプリケーションや社内システムからのアクセス、システム間の連携によるデータ交換時における暗号化やログ記録が可能となった。

今回はSalesforce.comが提供するSOAP/RESTの各APIに対応しており、今後対応プラットフォームを順次拡大していく予定。価格は月額1000円/ID。

(Security NEXT - 2013/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委