Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーの対策製品で定義ファイル更新表示に一時不具合

カスペルスキーのセキュリティ対策製品で、定義ファイルの更新日時が実際より古い日時で表示される不具合が一時発生した。すでに問題は解消している。

不具合が生じたのは、同社が個人や法人向けに提供しているセキュリティ対策製品。実際はあたらしい定義ファイルが適用されているにもかかわらず、古い定義ファイルの更新日時が表示されたり、「長期間アップデートされていない」といった警告が表示される不具合が一時発生した。

すでに問題は解消されており、自動更新を有効にしている場合は自動で修復される。自動更新を無効にしている場合は手動更新で解消することが可能。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み