Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を実際に体験して学べるセミナー

情報処理推進機構(IPA)は、実体験を通じて脆弱性対策を学べるツール「AppGoat」のハンズオンセミナーを、2月6日に同機構にて開催する。

同イベントは、組織のウェブサイト運営者を対象に実施するもので、ツール「AppGoat」を利用して脆弱性を悪用した攻撃を体験し、脆弱性のしくみや対策方法を学習できるハンズオンセミナー。

「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」「クロスサイトリクエストフォージェリ」といった脆弱性の体験学習のほか、セミナー後半では、「iCodeChecker」によるソースコードのセキュリティ検査技術を学べる。

特にセキュリティ研修の担当者や、経験の浅いウェブアプリケーション開発者を対象としており、ウェブアプリケーションにおける被害事例などの解説をまじえた初級者でも理解しやすい内容になっている。

参加費用は1500円。定員は30名で、同機構ウェブサイトにて先着順で受け付けている。受講には演習があるため、「AppGoat」が動作するノートPCを参加者が用意する必要がある。

(Security NEXT - 2013/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開