Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターポールとNECが提携 - デジタル犯罪捜査支援センターにシステムと要員を提供

国際刑事警察機構(インターポール)とNECは、サイバーセキュリティ対策で提携したと発表した。

今回の提携は、190カ国が加盟するインターポールの国際的なネットワークとNECのセキュリティソリューションを活用して、サイバー犯罪を調査、分析し、国際レベルでのセキュリティ強化を目指すもので、期間は3年間を予定している。

インターポールでは、2014年にサイバー犯罪に関する研究や捜査員のトレーニング、捜査支援活動を行う施設(The INTERPOL Global Complex for Innovation)をシンガポールに設立する予定で、NECは、同施設内の「インターポール・デジタル犯罪捜査支援センター」にシステムと要員を提供する。

同センターでは、サイバーセキュリティに関する脅威情報を調査分析してサイバーセキュリティ対策技術の開発に取り組み、インターポール加盟国へ提供する。

またNECでは、パートナーであるラックやサイバーディフェンス研究所(CDI)、フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)と同センターへ約760万ユーロ相当の製品やソリューションを提供し、サポート要員を派遣する。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意