Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相談会会場で来場者リストを紛失 - 伊藤忠アーバンコミュニティ

伊藤忠アーバンコミュニティは、都内の相談会の会場において、来場予定者42人の個人情報が記載されたリストを紛失した。

紛失した顧客リストには、42人の氏名、マンション名、部屋番号、相談会来場日時などが記載されていた。10月28日、ショールームで開催された相談会の関係者控え室に、紙袋に入った状態で保管されていたが、18時過ぎに紛失が発覚したという。

その後捜索を続けたが発見できず、同社では対象となる顧客に対して、事情の報告や謝罪を行っている。また所管官庁へ報告書を提出した。

(Security NEXT - 2012/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
編集プロのメルマガに登録者メアド - 操作ミスで
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県