Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、サーバ用セキュリティ対策製品の新バージョンを発売

エフセキュアは、企業のサーバ環境を保護するウイルス対策ソフト2製品の最新版をリリースした。

「エフセキュアアンチウイルスWindowsサーバ V9.2」は、Windows Server用のウイルス対策製品。リアルタイム保護機能に加え、ルートキット対策機能「エフセキュア ブラックライト」などを備えている。

一方「エフセキュアアンチウイルスMicrosoft Exchange V9.2」は、Microsoft Exchange用のセキュリティ対策製品で、送受信メッセージに対するリアルタイムスキャン機能や、スパム対策機能を提供している。

両製品の最新版では、クラウドベースのホワイトリストやブラックリストによる保護機能を搭載。オンデマンドスキャン機能を、より軽快に動作するよう改良した。またActive Directoryとシームレスに連携する「エフセキュアポリシーマネージャ」を用意しており、一元管理を実現している。

(Security NEXT - 2012/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC