Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、アクセス制御機能を強化したDB管理ソフト最新版を発表

日本IBMは、アクセス制御機能や大量データへの対応を強化したデータベース管理ソフトの最新版「IBM DB2 V10.1」を発表した。4月30日よりダウンロード販売を開始し、6月11日よりメディアパックを発売する。

同製品は、大量データの効率的な管理を実現するソフト。最新版では、個々のデータに対するアクセス制御を可能にするセキュリティ機能「Row and Column Access Control」を標準機能として搭載。従来製品では表の行や列ごとにしかアクセス制御できなかったが、同機能により、行と列の両方を制御できるようになった。

このほか、データ圧縮効率を高めてストレージ容量を削減するデータ圧縮機能「アダプティブ圧縮」や、過去に入力したデータおよび更新履歴の参照と、将来にわたって変化するデータの入力ができる「タイム・トラベル参照」などを新機能として追加した。価格は、70万3290円から。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ