Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、スマホ向けコンテンツ配信サービスにDRM機能を追加

NECビッグローブは、スマートフォン向けコンテンツ配信サービス「BIGLOBE Contents Director」のオプションとして、デジタル著作権管理機能を追加した。

同サービスは、Androidを搭載したスマートフォン向けのアプリやコンテンツ配信を支援する企業向けサービス。あらたにデジタル著作権管理機能をオプションサービスとして提供する。

コンテンツの著作権を保護し不正利用を防ぐために必要なライセンス管理のサーバ、専用プレイヤーやアプリ、コンテンツ暗号化ツールなどをトータルで提供。月額8万4000円の定額制のため、ライセンス発行数の増加を気にせず利用できる。

(Security NEXT - 2012/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ