Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、予定より1件少ない月例パッチ13件を公開 - 優先度高いプログラムは2件

日本マイクロソフトは、12月の月例セキュリティ更新プログラムとして、当初の予定より1件少ない13件を公開した。「Windows」に関する脆弱性9件をはじめ、あわせて19件の脆弱性を修正している。

深刻度がもっとも高い「緊急」のプログラムは3件で、いずれもリモートでコードを実行される脆弱性を修正した。同社は、なかでも「MS11-087」「MS11-092」の2件については、優先して適用することを推奨している。

「MS11-087」は、「Stuxnet」と同じソースコードを持つトロイの木馬「Duqu」が標的型ゼロデイ攻撃に用いた「Windowsカーネルモードドライバ」の脆弱性「CVE-2011-3402」を解消するプログラム。

一方「MS11-092」では、「Windows Media」において、細工された「Microsoft Digital Video Recordingファイル」を開いた際に、リモートでコードが実行される可能性がある脆弱性に対応した。

脆弱性は非公開で報告されており、現時点で悪用は確認されていないが、今後ウェブサイト上に、脆弱性を攻撃する動画ファイルを埋め込むといった攻撃に利用されるおそれがあり、できるだけ早い対応が求められる。

(Security NEXT - 2011/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請