Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府関連サイトにサイバー攻撃 - 中国サイトに攻撃呼びかける書き込み

9月17日から翌18日にかけて国内政府機関のウェブサイトにサイバー攻撃があり、一時的に閲覧しにくい状態が発生した。

今回のサイバー攻撃は、中国国内において満州事変80周年にあたる9月18日に、日本の政府機関に対する攻撃を呼びかける書き込みが、中国国内のチャットサイトなどを通じて行われたことが原因だと見られている。

警察庁によれば、攻撃対象とされた人事院や政府インターネットテレビ、政府公報オンラインで、9月17日から翌18日にかけて一時つながりにくい状態が発生した。

また検索サイト「百度」の掲示板では、金融機関や教育機関など複数民間事業者も攻撃対象に挙げられており、一部で改ざん被害が生じたという。

警察庁では、ウェブサイトの監視体制を強化し、関連情報の収集を進めている。また関連する政府機関に対して注意を呼びかけるとともに、被害を受けた事業者へ助言などを行っている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
保険事故の損害調査など受託する海外事務所にサイバー攻撃 - 日本海事検定協会
認証サーバでアクセス制御する「SaaS」も標的 - 多段階攻撃で侵入被害
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か