Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JS3、「iPhone」の端末認証に対応した「プライベート CA Gleas」最新版

JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、プライベート認証局の最新版「プライベート CA Gleas 1.8」を3月31日より発売する。

同製品は、証明書や証明書を発行対象となるアカウント、認証デバイスの統合管理などを行うことができるプライベート認証局。

最新版では、「iOS」搭載デバイスに対する構成プロファイルやクライアント証明書の配布機能を強化。Appleのスマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」について、許可した端末のみ鍵の生成、証明書の発行を行うことができる。

またGMOグローバルサインのパブリックルート証明サービスへの対応したほか、マルチテナント機能の向上や「Android搭載端末」や「FOMA」など対応デバイスを追加など機能を強化している。

(Security NEXT - 2011/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業