Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETが年末に配布した一部定義ファイルに不具合 - アップデートで解消

キヤノンITソリューションズは、同社が販売するESET製セキュリティ対策製品「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」の一部環境でエラーが発生しているとして、ユーザーへ定義ファイルのバージョンを確認するよう呼びかけている。

特定の定義ファイルを適用した際に、一部環境でアプリケーションが利用する「ekrn.exe」や「egui.exe」でエラーが生じたり、CPU使用率が100%となるほか、インターネットに接続できなくなるといった不具合が確認されているもので、1月5日の時点で同社へ12件の問い合わせが寄せられているという。

不具合が発生する定義ファイルは、12月30日深夜に配布された「5746」や翌31日2時ごろより配布されている「5747」。同社では、定義ファイルのバージョンを確認した上で、1月5日6時以降に配布されている「5760」以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に