Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大

お茶の水女子大学は、講演会の申し込みフォームにおいて設定ミスがあり、申込者の個人情報が第三者から閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同大によれば、講演会「AI時代の人間の創造性、想像力」の申し込み受け付けにGoogleフォームを利用したところ、アクセス権限の設定に誤りがあったという。

5月24日12時半ごろから6月13日16時40分ごろにかけて、申込者の氏名、メールアドレス、所属組織、属性、講師への質問、運営に関する質問など197件の個人情報が閲覧できる状態となっていた。

同大では、同フォームの設定を修正。対象となる申込者に事情の説明と謝罪を行った。

今回の問題を受け、同大では学内に対してフォーム利用にあたり注意喚起を実施。フォーム利用時のマニュアル整備や周知徹底を図り、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2024/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県