Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Fortinet、複数製品の脆弱性を修正 - VPN回避にも注意を

Fortinetは6月11日、セキュリティアドバイザリ8件を公開し、複数製品の脆弱性を修正した。

パッチチューズデーにあわせ、「FortiOS」に関するアドバイザリ5件をはじめ、「FortiSOAR」や「FortiPortal」に関するアドバイザリをリリースし、脆弱性へ対処したことを明らかにしたもの。

また「FortiClient」では、信頼できないネットワーク経由で接続する際、VPNトンネルの使用を回避されるおそれがある「TunnelVision」の脆弱性「CVE-2024-3661」の影響を受けることを明らかにした。

同社では、Windows版において「SSL-VPN」を使用する際の回避策を示すとともに、Windows版における「IPsec VPN」やmacOS版、Linux版については今後リリースするアップデートを適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2024/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業