Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で学年末考査の一部答案原本を紛失 - 大阪府

大阪府は、高校において、学年末考査の答案原本が所在不明となっていることを明らかにした。

同府によれば、未採点だった2年生29人分の答案を紛失したもの。生徒の氏名、学年、クラス、出席番号が記載されている。

3月4日に講師が答案の原本、デジタル採点後の答案、模範解答を生徒ごとに用意しようとした際、自席の引き出しに入れておいた封筒に答案の原本が入っていないことに気付いた。

問題の原本は、教諭が2月20日から21日にかけてデジタル採点のためにスキャンしたあと、封筒に入れて講師に渡したという。同講師は職員室のパソコンで同月22日から3月4日にかけてデジタルで採点を行っていた。

同校では対象となる生徒の保護者に電話で経緯を説明して謝罪。象学年の全保護者宛てに謝罪の書面を配布したという。

(Security NEXT - 2024/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
教員がサポート詐欺被害、個人情報に攻撃者がアクセス - 熊取町
フランスのグループ会社でランサム被害、詳細を調査 - ダイセル
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性