Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsの「BitLocker」を悪用するランサムウェア - ドライブ名に連絡先

Windowsの暗号化機能「BitLocker」を悪用してデータを暗号化するあらたなランサムウェア「ShrinkLocker」が確認された。複数国で被害が確認されているという。

Kasperskyによると、「BitLocker」を有効化してドライブ全体を暗号化する機能を備えたあらたなランサムウェアを確認したもの。同社では同ランサムウェアを「ShrinkLocker」と名付けた。

日本では被害は確認されていないものの、メキシコ、インドネシア、ヨルダンにおいて攻撃が確認されている。鉄鋼やワクチンの製造企業、政府機関などが標的となっていた。

これまでも現地調達ツールを悪用する「LotL(Living-Off-The-Land)攻撃」において「BitLocker」を悪用し、身代金を要求するケースが確認されているが、「ShrinkLocker」は、攻撃対象となるWindowsのバージョンに応じて「BitLocker」を有効化する点がこれまでにない特徴であると同社は指摘。

同機能により、最新のWindowsから「Windows Server 2008」までと幅広いバージョンに対する攻撃が可能だという。

(Security NEXT - 2024/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も